故人様・ご遺族様の想いを 大切にするご葬儀を形に。 沖縄のお葬式は 那覇葬祭会館(本館・第2・第3・南ホール・中部ホール)・宮古島のお葬式は メモリアルホール中央会館

お焼香の回数は1回?それとも3回?

ご親戚や知人・友人のお葬式に参列した際に行う「お焼香」。

みなさんどのようになさっていますか?

どこかで教えてもらうものでもないため、前にいる参列者のやり方を真似たり、人づてに聞いてやり方を知ったという方がいるのではないでしょうか?しかし、どれも確かな情報ではないため自分が行なっているやり方やマナーが本当に正しいのかどうか不安に思うこともあるかもしれません。

 

ちなみに結論から言うと、檀家制度がない沖縄では各宗派の教義が浸透していないため、回数に制限はあまり無いと推察されます。

うちなーんちゅの焼香の回数は平均的に3回が多いですね。

ある県内のお坊さんは「1回でも100回でもいいですよ。大事なのは故人様に対して心を込めてご冥福をお祈りすることです」とおっしゃっておりました。中には宗派の教義に則って1回ですと教えてくださる和尚さんもおります。

T.P.O

 

沖縄のお葬式は奇数が多いのはみなさんご存じかと思われます。

平ウコーも半分に折って『3本』だったり、お供え物の重箱も9品、もち15個…

 

焼香の基本的な手順としては、以下の流れで行います。(宗派によって焼香の回数は異なります)

1・遺族側にそれぞれ一礼(できれば喪主様がいらっしゃるところを最初に)して祭壇の前に進み、遺影に一礼します

2・右手の3本の指で香をつまみ、目の高さまで押しいただきます
(注:浄土真宗では押しいただくことはしません)

3・静かに香炉にくべて合掌します。最後に遺族側にそれぞれ一礼します

このページの先頭へ